シャツをミシンで着丈詰めする方法

ユニクロのシャツは長いです。

僕は無印とユニクロのシャツを着分けているのですが、ユニクロのシャツは裾を出すとジャケットの着丈より長くなってしまいます。

同じMサイズでもこの通り。

無印とユニクロのシャツの丈を比較
無印とユニクロのシャツの丈を比較(拡大)

青いシャツが無印で白いシャツがユニクロです。

ユニクロは店舗によってシャツの着丈を直してくれるみたいですが、ズボンの裾上げのように無料ではやってくれません。

ユニクロのシャツの袖丈詰めと着丈詰めの料金表

1枚につき1000円。
数枚直したら1枚余分にシャツが買えてしまう値段になってしまいます。

思い切って自分で着丈詰めをしてみることにしてみました。

ミシンを使って丈詰めする方法

それではシャツを自分で丈詰めする手順を紹介します。
まず必要な道具は以下の通りです。

シャツの着丈詰めに必要なもの
  • 丈詰めしたいシャツ
  • チャコペン
  • 定規
  • ハサミ
  • アイロン
  • ミシン

チャコペンというのは裁縫に使うマーカー鉛筆です。
洗濯すれば書いた線は落ちます。

STEP.1
長さを決めてチャコペンで印をつけて切る
着丈の長さは無印のシャツとにすることにしました。
5センチ短くします。

チャコペンでシャツの着丈詰めのしるしをつける

チャコペンで印をつけて線でつなげます。
印はシャツの縁の部分から 4センチの所 をつけてます。

なぜ5センチ詰めるのに4センチしか切らないのかというと、切ったところがほつれないように2回折り返すためです。

折り返す幅は大体5ミリくらいです。
つまり4センチ切って5ミリ幅を2回折り返すので合わせて5センチ短くなるというわけです。

STEP.2
折り目にアイロンをあてる
切り口を折り返した部分にアイロンをあてていきます。
これはミシンで縫いやすいようにするために折り目をつけておくためです。

しっかりアイロンをかけないと折り返しが戻ってしまいます。
どうしても折り返しが戻ってしまうときは待ち針で留めるといいです。

STEP.3
ミシンで縫う
最初に縫ったものです↓

ミシンでシャツの着丈詰めをしたところ(ガチャガチャ)

縫い目がガチャガチャですね。
でも表からは目立たないし、最初は失敗すると思っていたぐらいですのでむしろ上出来なほうです。

白い糸で縫えばもっと目立たなかったかも。

完成
続けて何枚か縫いました。
慣れてきて、縫い目めも最初よりはだいぶマシになりました。

ミシンでシャツの着丈詰めをしたところ シャツの着丈詰めをする前とした後の比較

右側が丈詰めしたシャツです。
試着してみると切る前よりもスッキリしました。

シャツの丈詰めは自分で直して安く済ませよう

4枚ほど丈詰めしました。

最初は切るところから縫うまで1時間ぐらいかかりましたが、4枚目にはもう30分ぐらいでできるようになっていました。

これをすべてユニクロで丈詰めすると4,000円かかります。
そう思うとかなり得した気分です。

シャツを直して感じたのがサイズで印象がまったく変わってしまということ。
自分で丈詰めができるようになると気軽に丈の長さを調節できるのでおすすめです。

ブラザーコンピューターミシン PS202