コンバースオールスターの足疲れ対策、靴屋さんが教えてくれた中敷きをいれる際のポイント

コンバースのオールスターを買いました。

約20年ぶりです。相変わらず履き心地が悪い。
学生の頃も足が疲れるので履くのをあきらめたのを思い出しました。

「何とかならないか?」

今回はそんな悩みを解決する方法を紹介します。

小指とかかとが痛くなる

靴屋へ買いに行った際、店員さんにオールスターを履くと足が痛くなる件について相談しました。
するとふたつの解決策を提案してくれました。

解決策その1  同じコンバースの「ジャックパーセル」にする

ジャックパーセルとはオールスターと同じくコンバースのキャンパス生地のスニーカーです。

大きな違いは「カップインソール」という中敷きが入っている点。
幅も広くて履きやすいですし、ソールにクッション性があります。

でもやっぱりオールスターが履きたい。
今回は却下しました。

解決策その2 中敷きをいれる

もうひとつの解決策が「中敷きを入れる」でした。

ワンサイズ大きいオールスターに別売りのインソールを入れるとよいとのこと。

サイズを大きくしたことでつま先にもゆとりが感じられました。
インソールによって靴底にも厚みも感じられます。

今までインソールはサイズの合わない靴を合わせるものだと思っていたのですが、履き心地も調整できるのだとはじめて知りました。

足の裏にばねをつくるインソール

さらに店員さんが別のインソールをもってきました。
特徴は 土踏まずのところがふくらんでいて疲れにくい仕様になっている とのこと。

店員さん

人の足は土踏まずのアーチがばねの役割をしていて、地面の衝撃を和らげています。

疲れてくるとこのアーチがなくななってしまいます。

そこでインソールのふくらみによって土踏まずのアーチを支えているんです

↓パッケージの裏側により詳細が書かれていました。

allstar

足にあうインソールの選び方

たしかに 土踏まずのあたりを押されているような感触 がします。
違和感もほとんどありあません。
ちなみに僕に合うインソールはサイズは靴のサイズよりひと回り小さいM(25.0~25.5)でした。

店員さん

インソールはシューズのサイズではなく足のサイズに合わせます。

シューズの方もつま先に少し余裕をもたせたほうがいいです。

お客さんは普段26.0の靴を履いていますのでワンサイズ小さいインソールのほうが合っていますね。

最終的にオールスターとおすすめしてもらったインソールを買いました。

足疲れ対策まとめ
  1. シューズをワンサイズ大きくして中敷きを入れる
  2. 中敷きのサイズは靴に合わせるのではなく足に合わせる

インソール入りのコンバースをしばらく履いてみて

インソールを入れたコンバースを履いて何か月か経ちました。
疲れ具合は軽いです。

少なくともソールがない時と比べるとまったく違います。
サイズを一回り大きくしているため、つま先があたって痛くなることもなくなりました。

し今はいているオールスターがダメになって買い替えたとしても、インソールはそのまま使えそうです。