普段履きできるおしゃれなトレッキングシューズの選び方

私は普段でもトレッキングシューズを履いています。
トレッキングシューズは登山に行かなくても一足持っておくと便利です。

たとえばこんな時に履いています。

  • どしゃ降りの雨、または雪が積もっている日
  • 野外イベントやバーベキュー
  • 畑仕事や日曜大工

この記事では普段履きできる登山靴を選ぶポイントと、おすすめのトレッキングシューズを紹介します。

普段履きできる登山靴を選ぶポイント

日常生活で履ける登山靴は、入門から初級クラスの登山向けに履いていく靴がいいでしょう。

中級クラス以上の登山で履く靴は日常生活に向いていません。
足首周りや靴底が頑丈すぎて、すぐに疲れてしまいます。

「登山靴」といっても登山スタイルによってさまざまなタイプがあります。

そのなかで「街履きできるシューズ」という条件であれば、アプローチシューズ、トレイルランニングシューズ、ハイキングシューズのいずれかになります。

アプローチシューズ


用途:ロッククライミングのルートまで行くためのシューズ。
特徴:ソールが柔らかく斜面をとらえるグリップ力が優れています。
難点:足首周りの保護性、靴の耐久性、防水性が劣ります。

トレイルランニングシューズ


用途:走って登山する「トレイルランニング」専用のシューズ。
特徴:つま先部分が上がっていて走りやすい作り。着地の際のクッション性が高い。
難点:アプローチシューズ同様、足首周りの保護性、靴の耐久性、防水性が劣ります。

ハイキングシューズ


用途:軽装で平坦な山道やなだらかな丘陵地を中心に歩くためのシューズ。
特徴:トレッキングシューズの性能を一通り備えつつ、軽く足首周りが動かしやすい。
難点:重装備の登山ではソールが重量を支えられず不向き。

かならず押さえておきたいのが 防水であること。

アプローチシューズやトレイルランニングシューズは軽量でかっこいいのですが、防水仕様ではない場合もあるので注意しましょう。

あと、できることなら ミドルからハイカットがおすすめです。
足首が保護されているとケガをしにくいですし、体が冷えにくい。

野外イベントやバーベキューなど一日外で履くようなときには疲れ方が変わってきます。
まあハイカットは脱ぎにくいですけど、しょうがないですよね。

ということで迷ったらとりあえず ハイキングシューズ を選んでおきましょう。

街履きできる登山靴のポイント
  1. 防水は絶対条件
  2. できればハイカット
  3. ハイキングシューズがおすすめ

はじめて買うならメレル、キーン、モンベルのどれかを選んでおけば間違いなし

この3つのメーカーは価格も手ごろでおしゃれ。機能性も十分です。

登山専門店でなくてもショッピングモールやスポーツ用品店で売っています。
カラーバリエーションやサイズも豊富。

はじめて登山靴を買うのであれば、まずはこの3メーカーが良いと思います。
おすすめのモデルを紹介します。

メレル|カメレオン 7 ストーム

カラーバリエーションが多くて人気のモデル。
「カメレオン」は7世代目にもなるロングセラーシリーズです。

メンズ

レディース

キーン|ピレニーズ

クラシックテイストでありながら軽いハイキングシューズ。

私も使っています。

履きつぶして、もう一度買いました。

メンズ

レディース

モンベル|ティトンブーツ

モンベルはコストパフォーマンスの良さに定評のある国内メーカー。
全天候型のトレッキングシューズです。

メンズ

レディース

トレッキングシューズと普段靴の違い

トレッキングシューズの特徴は 足の保護能力の高さです。

日常生活の場とは違い、登山中の足のダメージは深刻。
トレッキングシューズは悪天候や悪路でもなるべく足への負担を減らして歩けるような仕組みになっています。

具体的な違いはおおむね次の通りです。

安定・頑丈

つま先からソールにかけて硬く、溝が深い。

硬いソールは地面のデコボコから生じる刺激をガードします。
靴底の溝は不安定な足場でもしっかりと地面を捉えられるように工夫されています。

深い溝は排水機能の役割も兼ねていて濡れた足場でも滑りにくい。
車のタイヤの原理と一緒です。

舗装された道しか歩かない人がデコボコした山道を歩き続けると、思った以上に足に負担がかかります。
さらに重い荷物を背負っているため、足のクッション性も低下してしまう。

柔らかいソールではこれらのストレスに対して十分なケアができません。
ソールが歪み、シューズ内の足もずれて疲れる原因となります。

防水・透湿

足がぬれてしまうと体温が下がり一層疲れやすくなるもの。
そのため悪天候になった場合でも足が濡れないよう防水仕様になっています。

同様に蒸れからくる冷えに備え通気性にも配慮がなされています。

軽量

重いシューズより軽い方が疲れにくいです。

近年はゴアテックスやEVA樹脂をはじめとする新素材がシューズに応用されるようになりました。
性能を落とすことなくどんどん軽くなっています。