おすすめのすきバサミ。失敗しにくいのは「すき率20%」です。

最近、通ってる1000円カットが混んでいます。
30分待ちはざらで、運が悪いと出直さざるを得ない時もありました。

知り合いにその話をしたところ「自分はずっとセルフカットだよ」というので僕も試したくなりました。

はさみを使ったセルフカット

セルフカットの場合はすきバサミを使うのが一般的です。
切りすぎをある程度防げます。

ハサミでセルフカットした動画もいくつかあって、下はすきばさみだけでカットをしています。


かなり手慣れた感じですが、切っている方は美容師や理容師ではないそうです。

すきばさみはすき率で選ぶ

私が使っている「すき率(カット率、)20%」というすきバサミです。

すきバサミってすける度合が違うって知ってましたか?

普通のハサミは全部切れる。
つまりすき率が100%(そんな表現ありませんが…)です。

それに比べるとすきバサミは普通のハサミの20%しか切れないということです。
試しに紙を切ってみるとこんな感じです。

すき率20%のすきバサミの試し切り

ちなみに100均などで売ってる安いすきばさみはだいたい40%~50%のすき率だそうです。

すき率が高ければ高いほど切りすぎないよう注意と技術が必要になります。

初心者はすき率15%とか20%あたりがおすすめだそう。

すきバサミを選ぶポイント
すき率(カット率)で選ぶ。すき率が低いほど切れる割合が小さいので失敗しにくい。15%~20%ぐらいがおすすめ。

早速セルフカットしてみた感想

結果から言うと、思ったよりも上手くいきました。

ただ最初は時間かかりましたね。
5回ぐらい繰り返すとだいぶコツもつかめてきます。

セルフカットは見る人が見たら粗もわかるとは思います。
ただ今のところ周りの人から指摘されたことはありません。

むしろ自分で切ったといいうと驚かれます。
また一つ自分でできることが増えてうれしいです。