コンビニ3社のミックスナッツ食べ比べ

ミックスナッツが好きです。

 

手軽に食べられてお菓子よりも腹持ちがいい。

とりわけコンビニで売っているミックスナッツはパウチに入ってコンパクトなのがいいです。

 

ミックスナッツはどのコンビニでも売られていて、微妙に味が違います。

まとめてみました。

 

スポンサーリンク

コンビニ各社のミックスナッツのカロリーと内容量

 

コンビニ各社のミックスナッツの成分を一覧にしてみました。

量や製法だけでも各社さまざまです。

 

コンビニ名 内容量 カロリー およその糖質 およその日分量
ローソン 89g 584kcal 3.9g 3日分
ナチュラルローソン(無塩) 35g 225cal 1.5g 1.2日分
セブンイレブン 84g 532cal 3.6g 2.8日分
セブンイレブン(小) 40g 263cal 2g 1.5日分
セブンイレブン(無塩) 70g 458cal 3g 2.3日分
ファミリーマート 90g 579cal 3.9g 3日分

 

ナッツの一日の適量はだいたい30粒(30g)といわれています。

 

カロリーは約200kcalで糖質は約1.3g。ナッツの種類やロースト方法で多少変わるでしょうが、一日の適量はこれらを基に割り出しました。

 

スポンサーリンク

ローソンのミックスナッツ

 

ローソンでは2種類のミックスナッツが売られています。

 

『4種類ナッツのデラックスミックスナッツ』307円

 

nuts1nuts1-1

 

アーモンドが多い気がします。

食べごたえあり、宮古島で作られている「雪塩」という海水が原料の塩を使っています。

塩味は控えめです。

 

『素焼きミックスナッツ』195円

IMG_5302IMG_5303

 

一部ローソンにはもうナチュラルローソンブランドでノンフライ・無塩のミックスナッツも売っています。

 

35gと少量ですがナッツの香りと甘みが感じられます。

 

スポンサーリンク

セブンイレブンのミックスナッツ

 

セブンイレブンも塩味と無塩のミックスナッツがありました。

 

『ミックスナッツ』307円

 

nuts3
nuts2-1

 

ジャンキー感があるミックスナッツでした。お酒のおつまみにはこれが一番いいかもしれません。塩気もしっかり利いています。

 

ちなみにセブンイレブンはこれより一回り小さい40グラムもあります。

 

『素焼きミックスナッツ』321円

 

IMG_5283
IMG_5284

 

最近セブンイレブンでもノンオイル・無塩のミックスナッツを見かけるようになりました。

 

ローソンよりも倍の容量で70g。食べ応えがあります。

 

スポンサーリンク

ファミリーマートのミックスナッツ

 

実はローソンとファミリーマートは共立食品という同じメーカーのものでした。

 

『デラックスミックスナッツ306円』

nuts3
nuts3-1

 

味はローソンよりもさらにあっさりしています。

ちなみにファミリーマートはカデミアナッツが入っていません。

 

スポンサーリンク

ネットでは大きめサイズで買える

 

ナッツはローソン、ファミリーマートは共立食品、セブンイレブンは東洋ナッツ食品が製造しています。

 

どちらもネットで買えますので、家に買い置きしておきたい人はおすすめです。

僕も家では東洋ナッツの缶入りを買っています。

 

共立食品

 

共立食品はローソンのミックスナッツと同じ構成で塩味は4種類、無塩は3種類のナッツが入っています。

 

東洋ナッツ食品

 

東洋ナッツ食品は塩味、無塩ともにコンビニと同一の商品はありません。

塩味はヘーゼルナッツ、ピカン、ピスタチオが加わって7種類、無縁はピカン、ピスタチオが加わって6種類になっています。

 

食品
スポンサーリンク
くらしのチラシ