アパートの迷惑な住人に出て行ってもらいたい

スポンサーリンク

友達がご近所トラブルで困っています。

数か月前に友達が住むアパートにおじいさんが引っ越してきました。そのおじいさんが廊下に私物を置きだしたのでやめてほしいと頼んだところ口論になってしまい、それ以来、会うと怒鳴られたりドアをたたいて叫んだりしてくるそうです。

管理会社や警察からも注意してもらったそうなのですが、一向に止む気配がないとのこと。管理会社の人によると、おじいさんは他の住人にも同じようなことをしているとか。

友達はこのまま迷惑行為が止まないようなら引っ越そうかと思い始めているとぼやいていました。

スポンサーリンク

契約の解除はむずかしい

僕は友達の話を聞いているときから解決は難しいだろうなと感じました。以前不動産関係の仕事をしていた関係で、この手の問題はよく耳にしていたからです。

普通に考えれば、問題行動をおこす住人は大家さんに報告して契約を解除してもらえばいいと思うでしょう。

でも日本の法律ではそれがとても難しいのです。とくに家の賃貸借契約では。(雇用契約もそうですが)

ためしにネットで同様の相談を調べてみましたが、やはり契約解除は難しいという意見がほとんどでした。

今回のケースも大家さんから契約解除ができる条件を満たしているようには思えませんでした。

たとえばどんな場合だったらその条件を満たしているかというと、賃料の不払いが数か月続いているとか警察沙汰になるような迷惑行為を行ったとか、そうゆうレベルです。

もちろん契約書には「迷惑行為をした場合は解除する」という条文がありますが、実際に迷惑行為を証明するというのは予想以上に難しく、手間もかかります。

ましてや多少の迷惑行為を理由に契約を解除すれば、逆に不当な解除だと訴えられるリスクもあります。なので大家さんや管理会社は解除に関してとても慎重になります。

大家さんとアパートの住人の利害は必ずしも一致しない

もうひとつ解決が難しい理由に、大家さんは空室になって賃料収入が減ってしまうのも避けたいと考えるからです。

もちろん大家さんとしてもアパートの評判を下げるような借主には出て行ってもらいたいでしょう。でも一番困るのは空室が増えることです。

特に安いアパートは空室になってもすぐに借り手が見つかるので、多少の問題があってもそのまま放置ということも少なくありません。

なのでアパートで問題があるとわかっていてもメリットがない以上、おのずと後回しになりがちなのです。

迷惑行為をする住人を出て行かせるアイデア

以上のような事情から、迷惑行為を受けている住人は泣き寝入りか、転居するしかないというのが実情だと思います。僕も友達に「下手に争わないで引っ越しできるならしたほうがいい」といいました。理不尽だと僕も思います。

でももしダメ元で何かしたいというなら、ひとつアイデアがあります。

それは迷惑行為をしている住人に転居先をあっせんすることです。

もちろん自分がその相手と交渉する必要はなくて、たとえば管理会社の人にこう持ち掛けます。

「迷惑行為がひどいので引っ越したいと思っています。ただし、相手(迷惑行為をはたらいている住人)が退去するなら引越しは取りやめます。貴社(管理会社)から引っ越しを提案してもらうことはできないでしょうか?」と。

つまり管理会社との間で、迷惑行為を行う住人の転居先をあっせんする業務委託契約を結ぶのです。

そしてもし転居してくれた場合の条件を提示します。

たとえばその相手の引っ越し費用を負担しますとか、

管理会社に転居先の賃料の〇%を報酬として支払うとかです。

管理会社としては交渉に費用負担(引っ越し費用)というカードが使えてさらに報酬がもらえるメリットがありますし、大家さんは迷惑な住人よりも問題を起こさない住人が残ってくれる方がありがたいはずです。

管理会社がこの提案にのってくれるかはわかりませんが、多少の手間と費用をかけても何とかしたいと思っているのであれば考えてみてもいいかなと思います。

生活全般
スポンサーリンク
くらしのチラシ