有料だけど買う価値があるアプリ「英単語ターゲット1900」

スポンサーリンク

外国語を習得した人に勉強法を訪ねるとほぼ全員が「まずは単語を覚えた」といいます。

僕は英語の習得に何度も挫折してきました。いろんなテキストや勉強法を試してきましたが皆ことごとく失敗しています。

そんな僕が今、もしかしたら成功できるかもと思っているのが『英単語ターゲット1900』です。

このアプリは旺文社の英単語集『英単語ターゲット1900』ベースとなっています。発売から30年以上というから驚きです。

こちらがその英単語集(アプリではありませんよ)

そんなロングセラー商品のアプリということもあり、学習者が使いやすいと思う工夫が詰まっています。僕は今までこのターゲット1900以外にも英単語学習アプリもあってありますが、このアプリの出来はダントツです。

具体的にどんなところが優れているのか紹介していきます。

とにかく操作しやすく表示がシンプル

余計なイラストやモーションがなく、必要最低限のものが表示されます。

英単語の一覧がみられる

各セクションの英単語が一覧でわかる。表ではなくパネルになっている点も視覚的に優れていますね。覚えていない単語はワンタップで表示できます。

リスニング再生の絞り込みやオプション機能が細かい

どのセクションの何語から何語という設定だけでなく、苦手な単語だけという絞り込みも可能。英単語から語義の再生までの間合いも調整できます。

このアプリは600円しますが、その値段以上のクオリティはあります。

ひとつ注意しなければいけないのが iOS版を買うことです。

Android版はなぜかまったく機能が違い、使い勝手も全然よくないです。もしかしたらiSO版とは違う製作者が作ったアプリかもしれません。

僕は最初Android版を買ってしまい、愕然としてiPadで買いなおしました。本当に注意してください。

iPhoneまたはiPadでダウンロードしましょう。