【糖質制限お菓子】大豆粉と小麦粉のハイブリッド・マフィンを作ってみた

お菓子作りの際、小麦粉のかわりに大豆粉を使うと糖質制限になるそうなのでさっそく試してみました。

作るのはマフィンです。

実はマフィンを作る前にホットケーキを作ってみたのですが、ぽそぽそしていてイマイチでした。

「でもマフィンならこの食感でいけるんじゃない?」

という奥さんの思いつきで再度チャレンジしてみました。

大豆粉ってなに?

そもそも大豆粉ってなんだと思われた方もいるのではないでしょうか。

私も今回初めて聞きました。

大豆粉とは大豆を粉状にしたものです。

ちなみにきな粉との違いは煎ってあるかどうか。

つまり大豆粉を加熱するときな粉になります。

きな粉のようにそのまま食べるのはNG。おなか壊しそう。

この裏書によると大豆粉を使った場合、小麦粉と同じ分量で8割もカットできるとのこと。すごい!

マフィンのレシピ

今回作ったマフィンはこちらのレシピを参考にしました。

森岡 梨さんのマフィン|きょうの料理レシピ

でレシピでは小麦粉180グラムとなっているところを、小麦粉130グラム、大豆粉50グラムに変更。

さらにバター75グラムをバター35グラム、サラダ油40グラムに変えました。(バター高いので)

あ、あとナッツも砕いて入れました。

出来上がりはこちら ↓

感想はというと、大成功でした。

すごくおいしい。普通のマフィンとくらべても遜色なし。

やっぱり大豆粉つかうならホットケーキよりマフィンの方が合います。

バターの一部にサラダ油を使うのも全く問題なかったです。

これを作って以来、我が家ではおやつとしてはもちろん、朝食にマフィンというパターンも増えました。

ぜひ試してみてください。

ちなみに大豆粉を使ったお菓子はこの本で知りました。

あとマフィンを作るならシリコン型が超絶おすすめです。

焼きあがった時に型からスポンと取れます。

ダイソーにも売ってるみたいですね。

我が家は「3COINS station」という300円ショップで買いました。