ツイッターの見過ぎ問題は時間決めが一番効果的

ツイッターの見過ぎについては今までいろいろ試してみました。

アプリをアンインストールしたり、モニタリングするアプリを使ってみたり。

でもどれもあまり長続きせず、結局だらだらツイッターを見てしまう状態に戻ってしまいました。

そんな中で一番効果的だったのは結局 見る時間を決める という方法です。

私の場合は、朝の9時から夕方の5時までは基本的にツイッターを開かないと決めました。

絶対というわけではなく、ツイッターで検索したいときや調べ物のリンク先が特定のツイートだった場合は見ることもあります。

しかしそれ以外で「何か面白いことはないかな」というような感じで見たりはしないようにしました。

この決まりを守るようになって1か月以上過ぎました。

変わったことがいくつかあります。

まず次の行動が早くなりました。ツイッターを見ないと決めるとほとんどスマホで見るべきものがないんです。

逆にツイッターはめりはりをつけて見られるようになりました。朝と夜だけでも今までと変わらず情報が追えています。

それと目の疲れが減りました。ツイッターのスクロールをずっと眺めているのは思った以上に目の負担になっているなと気が付きました。

このまま習慣になるといいです。