お酒をほとんど飲まなくなった

ここ数年でほとんどお酒を飲まなくなりました。

もともと飲む方ではなかったのですが、今では月に1度あるかないか。

飲み会が減った

まず自営業になったことで同僚をお酒を飲むという機会なくなりました。

さらに友人と会う頻度も少なくなったことも大きいですね。

お酒が弱くなった

飲まないと弱くなると聞いたことがあったのですが、本当でした。

たまに飲んで次の日起きると驚くぐらいお酒が残っている。

これがダイレクトに仕事に支障がでてしまって、さらに飲むのをためらうようになりました。

さらに言うと飲んでいるそばから眠くなってしまうようになっちゃいました。

久々に会った友達ともっと話したいのに、お酒が入った途端どうでもよくなって、あくびばかりなんてことも。

車移動が多くなった

以前まで自転車メインの生活だったのが、最近は車を乗ることが多くなりました。

奥さんの送り迎えや仕事場までの通勤などです。

そうなると飲み会に行っても「今日は車なんで」となるわけです。

***

そうやって飲むことからどんどん離れて行って気が付いたことがあります。

それは「飲まなくても特に問題ない」ということでした。

飲み会で飲まないことが受け入れられつつある

10代や20代のころは飲み会で飲まないことはわりと特殊だった気がします。

「今日は飲まない(飲めない)」というと、周りから「なんで!?」とか「さむい」なんて言われることもあったのですが、最近は「そうなんだ」で済んでしまう。

年を取ったせいというのもあるし、前よりお酒を飲まないということを特別にとらえない雰囲気になってきているようにも感じます。

テンション上げるために飲むというのはなくなりつつあるのかもしれませんね。。

問題ない、とは言いましたがひとつありました。

飲み代です。

「飲んでないから少なくていいよ」といわれてることがあるんですが、そうするとなんだか悪いなと思ってしまう。相手もどうしたって気を遣うでしょうし。

均等割りでまったく問題ないのですが、相手が納得してくれるようなうまい理由がなかなか思いつかないんですよね。