借金は貸す側も苦しむ

お金を貸したことってありますか?

私は何度かありました。ほとんどの場合返してもらえましたが、一度だけ返してもらえなかったことがありました。

知人が仕事で失敗してしまい、どうしてもお金が必要ということで貸しました。

数十万円です。

友達だし、その友達の親のことも知っている。信頼できるだろうということで貸してしまったんですね。

最初は順調に返してくれました。

しかし残り3分の2ぐらいになった時です。急に連絡が取れなくなりました。

「まさか」と思いましたよ。

いくら電話しても出ない。ついでに言うとそのとき紹介した仕事も途中で放り出してしまう始末。

それから1カ月ぐらいしてようやく連絡が取れ、返済額を減らしてでもいいから返すように約束をしました。

しかしそれ以降も連絡が取れないことを繰り返し、結局半分借金を残したまま音信が途絶えました。

貸している側も相当つらい

取り立てようと思えばいくつか手段はありました。例えば友人の親に事情を話して代わりに支払ってもらおうと考えもしました。

でも結局自分にはできなかった。

返ってこない場合もある、ということは自覚していたつもりです。しかしいざ本当に踏み倒されると眠れなくなるくらい腹が立ちました。

「お金を貸している側の自分がなぜこんなに苦しまなければならないのだろう」と何度思ったことか。

気持ちを整理するのに半年ぐらいかかりましたね。人にお金を貸す怖さが身に染みました。

次にお金を貸してといわれたら

以来、まとまったお金を人に貸したことはありません。

しかし今後大切な人に「お金を貸して」と言われたら、今度はどうするだろうと考えることがあります。

はたして「貸せない」と言えるのであろうか?

いっそあげてしまった方が楽なのではないか。

お金をあげたとして、相手とそれまでと同じような関係を続けられるのか。

はっきりした答えはでないままです。