知っておきたいケアマネージャーの頼み方・選び方

介護する人にとってとても重要なパートナーとなるケアマネージャーについて紹介します。

この記事は

  • 介護について誰かに相談したい
  • 良いケアマネージャーを探したい

というような方におすすめです。

ケアマネージャーについて

ケアマネージャーは正式には「介護支援専門員」といいます。

介護福祉専門員の制度を定めている「介護保険法」にその詳細が記されていました。

長いですが、ほぼそのまま参照します。

介護福祉法 第7条第5項

この法律において「介護支援専門員」とは、要介護者又は要支援者(以下「要介護者等」という。)からの相談に応じ、及び要介護者等がその心身の状況等に応じ適切な居宅サービス、地域密着型サービス、施設サービス、介護予防サービス若しくは地域密着型介護予防サービス又は特定介護予防・日常生活支援総合事業を利用できるよう市町村、居宅サービス事業を行う者、地域密着型サービス事業を行う者、介護保険施設、介護予防サービス事業を行う者、地域密着型介護予防サービス事業を行う者、特定介護予防・日常生活支援総合事業を行う者等との連絡調整等を行う者であって、要介護者等が自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識及び技術を有するものとして介護支援専門員証の交付を受けたものをいう。

 

ケアマネージャーとは
介護を必要とする人または介護をする人の相談を受け、それに応じたサービスが受けられるように市町村やサービス事業者との連絡調整を行う人

ケアマネージャーの相談方法

ケアマネージャーには各地域の「居宅介護支援事業所」または「地域包括支援センター」で相談できます。

介護される人が市町村から要介護認定を受けているか否かで、どちらの施設で相談できるかわかれます。

※「要介護認定」とは公的な介護保険のサービスを受けるために必要な審査の事です。市町村が行っています。

すでに要介護認定を受けている人は居宅介護支援事業所に相談できます。

一方でまだ介護サービスが必要なのかどうなのかということも含めて相談したいというような場合は地域包括支援センターが窓口となります。

ケアマネージャーの相談窓口
介護が必要な人が要介護認定を受けている場合→居宅介護支援事業所
介護が必要な人が要介護認定を受けていない場合→地域包括支援センター

ケアマネージャーにもタイプがある

たとえば料理人にも和洋中と得意ジャンルがあるように、ケアマネージャーにも専門分野というものがあるようです。

ケアマネージャーになるためには各都道府県が主催する「実務研修受講試験」を受けなければなれません。

この受講試験なのですが誰でも受けられるわけではなく、条件を満たした人だけが受験できます。

その条件ですが、かなりざっくりいえば 医療や福祉関係の国家資格をもっているか、または老人ホームや障害者施設、児童施設などで相談員や援助業務を一定期間以上従事した経験があることが必要です。

つまり長年養護老人ホームで相談員として働いた経験を生かしてケアマネージャーになる人もいるでしょうし、看護師だったキャリアを生かしてケアマネージャーになった人もいるということになります。

介護される人の状況により、ケアマネージャーのキャリアが生かせる場合もあるかと思います。こうゆう点も一応頭の隅に入れておきたいところですね。

 

http://www.chibakenshakyo.com/

ケアマネージャーの選び方アドバイスの記事

ケアマネージャーとの接し方や相談の仕方をはじめ、関連する基礎知識が一通り紹介されています。

この記事だけに限らず、地域包括支援センターと居宅介護支援事業所の違いの記事もわかりやすいので合わせておすすめです。

ケアマネージャーは介護する人にとって大きな存在

先日ツイッターかニュースサイトのコメントだったかで介護離職に関するコメントを見かけました。

介護が大変で、仕事をやめようと考えていたらケアマネージャーからもう一度考え直すように諭された。幸いやめずに済んで、助言してくれたケアマネージャーにはとても感謝している

たしかこんな内容だったと思います。

また別の日に、身内で重い障害を患っている家族がいる知人と話をしていた時、

受け入れてくれる施設がなかなか見つからず、一時は私の自宅での世話することも考えたのだけど、ケアマネージャーから “あなたの今の状況でそれは極力避けるべき” と助言してくれて、今の施設が見つけられた。ちょっと家から遠くなっちゃったけど

と話してくれました。

いずれのケースもケアマネージャーのひと言が大きな助けになった例です。

生命保険文化センターによると介護の平均年数は約5年とのこと。

とても長い。

その期間をひとりで乗り切るのは大変なことです。
そうゆう意味でも介護の第一歩であるケアマネージャー選びはとても重要なポイントだと思います。