【保湿オンリー】必要最低限の化粧水。水、グリセリン、以上。

スポンサーリンク

彼女が「今使っている化粧水が合わない」といって自作をしていました。

おもしろい。化粧品を自作という発想はありませんでした。

必要なものは水(精製水)とアルコールの一種であるグリセリンです。どちらも薬局で売ってます。

ちなみにグリセリンは甘味料としても使われるそうで、舐めると甘いそうです。(舐めませんでしたが)

作り方は水にグリセリンを混ぜるだけ。

その際、グリセリンの濃度はだいたい10%以下に抑えたほうが良いとのこと。理由はグリセリンは吸湿性が強いので、濃度が高いと逆に肌が乾燥させてしまうそうです。

濃度マックス10%ということは、グリセリン(100ml)で約1リットル以上の化粧水ができるということになります。

めちゃくちゃ大量の化粧水ができますね。しかも600円ちょっとで。(グリセリン約400円、精製水510ml×2本で約200円)

もちろんこの化粧水は保湿成分しかないので、肌の栄養とか抗菌とかそうゆう効果はないですが、とりあえず何もしないよりはこれでいいような気がしました。たっぷり使えるし、濃度も自分に合わせられますし。

ちなみに防腐剤が入っていないので日持ちせず、あまり大量に作ると腐ってしまうこともあるそうです。アルコールが入っているとはいえほとんど水ですから。

なので2~3日使う分だけ作るという感じがいいと思います。

健康
スポンサーリンク
くらしのチラシ