古くなった安いワインは飲めるか?

台所の床下収納を掃除したら、ワインがいっぱい出てきました。

古い安ワインのボトル

ラベルを見ると2012年とか2009年とか、10年以上前のもあります。

こんなやばそうなモノ、ふつうだったら絶対捨てます。
しかしワインだけにちょっと飲んでみたくなりました。

もしかすごく美味くなっているかも。

口がむきゅーってなるぐらい渋い

とりあえずこの3本を試すことに。

古い安ワインの赤のボトル

すべて赤ワイン。
ネットで値段を調べたら2000円くらいで売られていたみたいです。

開けようとしたらコルクがボロボロに。
この時点で嫌な予感がしたのですが、諦めずにほじくるように取り除きました。

古い安ワインをグラスにそそぐ

開けたらふわっとワインのいい香り。

「これはもしかするといけるのか」

どきどきしながらコップに注ぐと澱のようなものがコップ底に浮かんでいました。

ひとくち、口に含んでみる。

渋い。

すさまじく渋い。そして酸っぱい。

渋いし、酸っぱいし、水っぽかった。

つまり飲めたもんじゃなかった。
他の2本も同じ。まるでブドウの皮だけ食べてるみたい。

追記
後日、軽口のものも飲んでみました。
そっちは普通に飲めました。

古くなった安ワインは飲めるか?
白や軽めの赤は飲める。重いのは渋くて、すっぱくて、水っぽくなる

あと渋いワインは料理に使うのがおすすめです。料理に使った記事はこちら↓

古くなった赤ワインの再利用法

ワインを飲むときにまずテイスティングをする理由

調べてみてわかったのですがワインの保存はすごく難しいらしいです。

安いワインはもとより、高いワインでも保存できないことが普通にあります

うまく保存できたかどうかは開けて飲んでみないとわからない。

だからいいレストランで高いワインを頼むと、まずテイスティングをするんだそうです。

白は普通にうまかった

実はこのなかに白ワインもありました。

古い安ワインのボトルのうちの白ワイン

↑これ

白というより茶色っぽい。
やばそう。

この白ワインはキャップでした。
しかもビンじゃなくてペットボトル。
たぶん1000円もしないやつ。

赤のとき以上に不安でしたが、飲んでみたら意外にふつうに飲めました。
というか、おいしかったです。