ローソンのレトルトご飯のラインナップを食べてみる

ローソンはレトルト米が豊富です。
他のコンビニと比べてバリエーションの多さは断トツ。

味付きのご飯から大盛、玄米ごはんのレトルトまであります。

コンビニの玄米レトルトパックご飯の食べ比べ

↓がローソンのレトルト米コーナーです。

ローソンのレトルト米コーナー

ちなみにこれはファミリーマート。

ファミリーマートのレトルト米の陳列棚

セブンに至ってはプライベートブランド一択でした。

セブンイレブンのレトルト米の陳列棚

今回はローソンに売っていたレトルト米をいくつか食べてみたので紹介します。

東洋水産『チキンライス』141円(税込)

チキンライスのレトルト米

東洋水産はレトルトご飯のラインナップが豊富です。
このチキンライスの他にも玄米ごはんの他、赤飯やおこわなどが売っていました。

レンジで2分ほど温め試食。

茶碗に盛り付けたチキンライスのレトルト米
茶碗に盛り付けたチキンライスのレトルト米のズーム

うーん、これは何といいますか…

ケチャップごはんですね、ほぼ。

まずくはありませんが、チキンライスというテンションで食べるとガッカリします。

ローソン『大盛麦ごはん』121円(税込)

ローソンセレクトの『大盛麦ごはん』

ごはんに大麦が入っています。

ローソンセレクトの『大盛麦ごはん』の栄養成分表示

「麦茶エキス」って何でしょうね?麦茶?

量はちょっと多い250グラム。
茶碗大盛り一杯という感じです。

茶碗に盛り付けたローソンセレクトの『大盛麦ごはん』

味は普通の白いごはんと変わりません。

しいて言えば飯盒(はんごう)で炊いたような硬さが所々にありますが、それも気にならない程度です。

白米の甘さが感じられてしっとりおいしい。

大塚食品『25%カロリーカットごはん』173円(税込)

カロリーカットのレトルト米『マンナンヒカリ』

カロリー控えめのごはんです。

ご飯は通常茶碗一杯(160グラム)で269kcal。
一方のこのカロリーカットごはんは168kcal。
30%近いカットです!

『マンナンヒカリ』の栄養成分表示

カロリーカットの秘密はご飯に混ぜてあるグルコナンマンにあります。

グルコナンマンはこんにゃくに含まれてる食物繊維のことです。
つまり白米にこんにゃくを混ぜてあるというわけですね。

茶碗に盛り付けたマンナンヒカリ
マンナンヒカリの米粒

食べてみると普通のごはんより水っぽく、甘みは控えめ。
だけど食べ応えは十分。

普通のごはんで168キロカロリーというと100グラムぐらい。

茶碗半分ちょっとしか食べられないことに比べればこっちの方が全然食べ応えがあります。

願わくばもうちょい安いと良いですね。

ひとり暮らしならコンビニのレトルト米が便利

本当にいろんなレトルトご飯があるんだと改めて知りました。
たとえば急に赤飯が食べたいと思っても、茶碗一杯だけ作るというのはほぼ無理でしょう。

それならレトルトで十分です。

もちろん保存も利くから災害用にいくつか買っておいてもいい。
レトルトは美味しくなくて、緊急用というのはもう前の話ですね。