LOKIのノードの建て方

LOKIのノードを建ててみました。

めちゃくちゃ大変でした。

この辺の知識がある人は数時間ぐらいで建てられるのでしょうけど、私は何度もあきらめて、結局半月ぐらいかかりました。我ながらよくできたと思う。

今回の記事は私のようにLOKIのノード建てたいけど、コマンドとかターミナルソフトとか「???」の人に向けて書いてみようと思います。

「LOKIって?ノードってなに?」って思う人もいるかと思いますが、今回はそこらへんを飛ばします。たぶんこの記事までたどり着いた人はだいたい知っていると思うので。

あと、ここに書いたことの中には間違っていたり、回りくどいことをやっている箇所もあるかと思います。正直、私もいまだ意味が分かっていない手順とかあるので。

参考にする場合はその点込みで参考にしてください。

マニュアルの解説というより、ど素人が四苦八苦して建てたノードの実録みたいなものだと思って見てもらえると助かります。

サーバーを選ぶ

まずLOKIのノード建てたい人はこの Full Guide on Service Nodes ってページを見に行くと思います。

「このページ通りにやればできるよ」って掲示板の書き込みもありましたが、最初私にはさっぱりでした。書いてあることがわからん。

グーグル翻訳で訳して何とか読みすすめる。どうやらノードを建てるには普通のPCだとスペックが足りないよ、ということがわかりました。

なのでまずサーバーをゲットしろ、と。

で、そのサーバーは普通の共用でつかうレンタルサーバーではなく、VPSという専用サーバーを選んでとのことでした。

VPS?

初めて知りましたが、いろんな会社がVPSのサービスを提供しています。

その中で私はさくらインターネットを選びました。

理由は2週間お試しができるから。

万が一サーバーが建てられなくてもキャンセルすればお金がかかりません。

事実私は2~3回お試し利用しました。

私が選んだのは真ん中の2Gというプランです。

ちなみにですが、私は一番最初、「for Windows Server」といいう別プランを選んでしまいまいた。

「操作画面がWindowsと一緒だから使いやすいだろう」ってことで。

しかしこのプランではできませんでした。いや、単に私の能力不足で、もしかしたらできるのかもしれません。

ガイドには書いてないのでどう進めてよいのかわかりませんでした。。

OSをインストールする

サーバーの契約は瞬時にできます。

次はOSをインストールしましょう。

ガイドには「Ubuntu 16.04 」というOSで、と書いてあるので言われた通り、Ubuntu 16.04 をインストールしました。

これも数分でできます。

PuTTYを使っていろいろ操作する

で、その次に PuTTYをダウンロードしろっていうんですね。

「プティ?」と思っていろいろ調べてみると、これは自分のPCから借りたVPSのサーバーへいろんな指示ができる、いわゆるコントローラーみたいなもののようでした。

指示通りにプティをインストールして、さくらインターネットからメールで送られてきたIPアドレスを記入し、「さあはじめるぞ!」と思ったら、さっそく躓きました。

動画だと最初に「login as:root」ってなっているので「root」と打ち込んでもアクセスできない。

なんで?

どうやらUbuntu Linuxというのは初期状態はrootではなく、「ubuntu」でした。

↓ここに書いてありました。

Ubuntuでroot権限で作業をしたい

なので、ユーザーを追加するにはまずrootにしなきゃいけません。

それは ここ に書いてあります。

こうゆうちょこちょこしたところですごい時間かかるんですよね。

長くなったので今日はここまでにします。