落ち着いた雰囲気でお一人様でも入りやすい、秋葉原のメイド喫茶「シャッツキステ」

2016/03/04


メイド喫茶に行ってみたい

ブームというよりも文化としてすっかり定着したメイド喫茶。いつか行ってみたいと思っていました。

先日、ネットでメイド喫茶を紹介する記事を読みました。

メイド喫茶にもいろんなタイプがあって、イベントを頻繁に開催したり合いの手やショーなどでお客さんを楽しませる趣向もあるらしい。

そんな中で気になったのが「落ち着いた雰囲気のメイド喫茶」というもの。

これなら初心者一人でも大丈夫そうだと、行って見ることにしました。

私設図書館というメイド喫茶

平日の昼前に末広町駅に着く。

秋葉原からも歩いてでも行けますが、一番の最寄り駅は銀座線の末広町駅のようです。

開店時間の12時より少し前に店に到着するとすでにお店の前にお客さんらしき人が並んでいました。

メイド喫茶の名前はドイツ語で「宝箱」という意味の『シャッツキステ』といいます。

IMG_3936
IMG_3949

12時にお店のドアが開き、メイドさんが出迎えてくれました。

黒いロングスカートに白いエプロンというシンプルなメイド服で清潔感があります。

店内に入ると焼き菓子の香りがしました。明るさを抑えた店内はどこか懐かしい雰囲気があり入り口近くに大きは本棚が。

シャッツキステはメイドが営む私設図書館というコンセプトで、今でいうところのブックカフェのようなお店です。料金のシステムはマンガ喫茶に似ていて30分500円。紅茶がサービスでついていて、お代わりは自由です。

お店の中央にある大きなダイニングテーブルに座り紅茶とあわせてスコーンを注文。紅茶がくるまで本棚をのぞいてみました。

雑誌の他にサブカル系や図鑑など面白そうな本も置いてあります。その中でとくに目を引いたのは何冊もある分厚いファイル。

今までのお店のイベントやお客さんの感想などをまとめた記録でイラストやコラムがたくさんファイリングされていました。いろいろなエピソードが紹介されていて読んでるだけでも楽しそうな雰囲気が伝わってきました。

紅茶を飲みながらそのファイルを読んでいると他のお客さんはメイドさんと世間話をしていました。

ダイニングテーブルの脇に「メイドの作業台」という場所があってメイドさんは常にそこに立っています。メイドさんとしてはテーブルに近いのでお客さんにサーブしやすいし、お客さんにとってもメイドさんに気軽に話しかけられるというわけです。

スコーンを食べ紅茶をおかわりしてだいたい30分。とてもなごやかなお店でした。

秋葉原の喧騒から少し離れて休憩するにはちょうどいいですね。

ちなみにこのシャッツキステを題材にした小説やコミックもあります。お店が気になる人は本を読んでから行ってみるのも面白そうですね。

ラブライブ!に登場するメイド喫茶

実はシャッツキステの前にもう一つ別のメイド喫茶に立ち寄りました。ネット記事でシャッツキステと共に紹介されていたキュアメイドカフェです。

しかし残念ながらここは入れませんでした。すごい人気店です。

開店まもなくにお店に着いたにもかかわらず、すでに5組以上の行列ができていました。

とりあえず待ってみようと、店外の非常階段で後列に並んでみました。

キュアメイドカフェはアニメ「ラブライブ!」にも登場した人気のメイド喫茶らしいです。そうゆうこともあって店内にはラブライブのポスターが貼られていました。

IMG_3961
IMG_3954

待っている間にも行列はどんどん伸びていきました。

女性も多くなかには外国人の方も。しかしカフェということもあり列はなかなか前に進みません。

20分待ったところでとうとう諦めて列を離れました。

帰り際、メイドさんにお願いして入口の写真を撮らせてもらいました。(写真撮影はメイドさんの立ち合いがあればできます)

IMG_3957

***

非常階段を下っているとたまたま下からメイドさんが登ってきました。

メイドさんは僕が降りてくることに気がつくと踊り場で身を引いて通路をあけ、お辞儀をして僕が降りてくるのを待ってくれました。

ホテルならともかく雑居ビルの非常階段でこんなもてなしを受けるとは。しかもその動作があまりに自然なのでちょっと驚いてしまいました。

外から眺めるだけでしたがテキパキ動いているメイドさんはかっこよかったです。

シャッツキステがアットホームな親しみやすさのあるメイド喫茶とするなら、キュアメイドカフェはスマートな華やさがあるメイド喫茶だと思いました。

メイドはおもてなしの名人

メイド喫茶というのはショーパブみたいに賑やかなお店だばかりと思っていたのですがいろいろな形があるんですね。

今回行ったメイド喫茶はどちらも落ち着いた雰囲気ということもあり、様子は普通のカフェとほとんど変わりません。

ただメイドさんはお客さんとのやり取りが多く、サービスのレベルは高いと感じました。たとえて言うならスナックのママとお客さんの関係に近いかもしれません。

そういう点でいうとメイドというのはカフェスタッフ以上にまわりへの気遣いが必要とされます。見た目のイメージが先行しがちですが、おそらくハードな仕事でしょう。

キュアメイドカフェはもちろんシャッツキステにもまた行っていみたいです。秋葉原に行く楽しみがもうひとつ増えました。


-旅行・おでかけ