クックパッドの楽しさに似ているコーディネートアプリの「WEAR」


何と合わせればいいのかわからない服がタンスに眠ってる

たとえば友達や同僚に「その服、似合うね」と褒められるのはともてうれしい。そうゆう服は着ているだけで楽しくなる。しかし持っている服のすべてがそうとは限らない。気に入って買ったものの、持ち合わせの服と合わなくてほとんど着ていない服もある。

そうならない方法としては、特定のショップだけですべてを揃えるのが手っ取り早い。なじみの店員さんと一緒ならば、自分だけで選ぶより間違いも少ないだろう。とくに男性はこうゆう買い方をしている人が多いのではないだろうか。かくいう僕がそうだ。

しかしこれでは好みの面でも予算の面でも選べる服が限られてくるし、なによりあまりに味気ない。

 

ファッションコーディネートのアプリ「Wear」

wear

WEAR」というアプリを知っているだろうか?服のコーディネートを検索できるアプリだ。200万枚のコーディネートの中から、条件に合わせて気に入った着こなしを調べることができる。僕もまだ使い始めたばかりで試していない機能も多いが、おすすめできるポイントをいくつか紹介したい。

こまかい検索カテゴリー

一般的な服の通販サイトの場合、検索できるカテゴリーは性別とアイテムぐらいだろうが、WEARでは年齢や身長、髪形などのカテゴリーが設けられている。またコーディネートを投稿している人のタイプや、購読している雑誌ごとの検索も可能だ。

 

wear5 wear3

たとえば僕が大人っぽいキレイ目のパンツを探しているとしよう。検索に「MEN/パンツ(スラックス)/30代前半」と入力すると、400件近い結果が表示される。細かい条件が設定できることで、ほしいアイテムを使ったコーディネートを具体的なイメージで見ることができる。

お気に入りのユーザーの他の着こなしも見ることができる

気に入ったコーディネートが見つかったら、そのユーザーの他の着こなしをチェックしてみよう。そのユーザーが同じアイテムでいろいろな着こなしをしていたりする。あるいは同じようなテイストのアイテムが見つかることもあるだろう。おしゃれな人であるほど、上手な着回しをしていて参考になるはずだ。

手持ちアイテムのコーディネートの参考に

ほしいアイテムを探すこともできるが、すでに持ってるアイテムで検索するのも楽しい。ためしに以前ブログにも書いたキーンのピレネーという登山靴を使ったコーディネートを調べてみた。

「pyrenees」ではヒットしなかったものの、「KEEN」で検索しなおすと数百件以上ヒットがあり、その中にはピレネーを履いたコーディネートもあった。

男性のコーディネートも参考になったが、それよりも女性の履きこなしがとてもかわいく、同じ靴なのにこうも違うものかと感心した。

有名人、ショップスタッフなどおしゃれな人のコーティネートも豊富

WEARのユーザーには有名人やショップスタッフなど「おしゃれの達人」といわれるようなユーザーも参加している。こうゆう人たちのコーディネートを見ると、以外に僕らが普段買っているようなスポーツブランドや、手頃な値段のアイテムを使っていることがわかる。

もちろん雑誌でもその手の特集は見かけることはある。しかしあくまで単発なので、応用できずに結局変な使い方をしてしまったりする。たくさん実例があれば「どう使えばいいのかわからない」ということも少なくなるはずだ。

wear8

WEARを見てるとおしゃれがしたくなる

実のところ、僕はおしゃれを楽しむより無難なものを何枚も買って着るタイプだ。でもWEARを見てから新しい服が無性にほしくなった。

おしゃれの楽しさとは、その服のもつイメージや雰囲気によって、自分の知らない一面を発見できることだと思う。コーディネートを褒められるのがうれしいのは、そうゆう新しい自分の一面を評価してもらえることにつながるからだろう。

WEARがよくできてるなと思うのは、膨大な実例と細かい検索に加えて、投稿しているユーザーの楽しそうな雰囲気が見ている方に伝わる形になっているところだと思う。


-ライフスタイル