お仏壇を小さくリメイクできるのか?

2016/11/12


このあいだふと、引っ越しなどをするときにお仏壇を置くスペースがなかったらどうしたらいいのだろうと疑問に思いました。

僕の家には大きなお仏壇があります。正確に測ったことはないですが、少なくとも150センチ以上はあります。僕自身は今のところ引っ越す予定はありませんが、たとえば戸建てからマンションに引っ越しをする人などはこの「お仏壇問題」にぶつかるはず。そうゆう人はみなどうしているのだろうと気になったので調べてみました。

サイズを小さくする

まず最初に思いついたのが、リメイクすることは可能なのかということ。試しに「仏壇 リメイク」で検索するといくつかヒットしました。主に仏具屋さんで引き受けてくれるようです。

気になる費用ですがリメイクするサイズによって 30万円~100万円 くらいかかるようです。作り変えるお仏壇のサイズが大きいほど値段は高くなるみたいですね。

サイズだけではなく意匠も変えてくれるサービスもあるようです。こちらはデザインから変える都合上、相場のようなものは記載されていませんでした。リサイズよりも多少割高にはなりそうですね。

処分せざるを得ない場合

どうしても処分しなければいけない場合というのも調べてみました。まず処分にあたって「閉眼法要」というお仏壇に宿った先祖の魂を抜きとる供養を行う必要があるそうです。閉眼法要を済ませた後はお寺や仏具屋さん、または市町村によって粗大ごみとして処分することも可能とのこと。

***

日本では家にお仏壇を置くことが難しくなっていて、仏壇がある家は5割を切っているそうです。たしかにマンション住まいの人が多くなってスペースは限られてきますし、仕事によって住まいを変えていくことも珍しいことではなくなっています。そういった生活環境の変化に伴って先祖をお祀りする形も変わっていくのはある程度受け入れなければいけないなと、僕自身も思います。

先日観たテレビでは遺骨からダイヤモンドを作り、いつでも身につけられるというサービスがあると紹介されていました。故人を偲ぶ形も一族や家族的な形からひとりひとりの個人的なものに変わりつつあるんだなと感じました。


-ライフスタイル