使わない洗剤、シャンプー、香水をまとめて捨てる


disposal_detergent3

洗面台の下に突っ込んでいたいろんなものを整理しました。

洗剤、シャンプー、バスソルト、香水?などなど。およそ段ボール2箱分。

いつかは使うだろうと思ってとっておいたものばかり。

もう一気に捨てることにしました。

捨て方については以前、調味料を大量に処分したことがあった ので予想はついていましたが一応調べてみました。

<参考サイト>
使わなくなった洗剤や漂白剤(中身)の処分方法を教えてください。|大村市

やはり同じ。

新聞紙や布を入れたビニール袋に染みこませて燃えるごみの日に捨てる。

やってみました。
 
*** 

まず液体を入れやすいように空段ボールにゴミ袋をかけておきます。

disposal_detergent2

その中にいらないタオルやちぎった新聞紙を入れる。

そしたらシャンプー、洗剤、いっさいがっさいこの袋に中身を出していきます。

disposal_detergent4

量が量だけにすごい香り。外でやってよかった。
 
途中、フタが開けられない香水ビンに戸惑いました。

ビンを割るのは大変なので、スプレー口の部分からドリルで穴をあけました。

このにおいが一番強烈でした。

disposal_detergent5

disposal_detergent6

disposal_detergent7

処分する液体の量が多すぎて新聞紙だけではなかなか染みこまなくなり、途中から布やシーツをガンガンつっこみました。

タオルは全部で10枚ぐらい入れたかもしれません。けっこう用意しておいた方がいいですね。

disposal_detergent8

もしこれでも漏れそうだったら、防災トイレ用に備えてある吸水ポリマーを入れるつもりでしたが、幸い何とかなりました。(やったことないので上手くいくかは未知数ですが)

塩素系と酸性は混ぜない事

ひとつだけ注意することがあります。

塩素系と酸性の洗剤は混ぜないことです。

disposal_detergent1

洗剤には塩素系と酸性があって、それを混ぜると「塩素ガス」という毒性のあるガスが発生します。

塩素ガスを吸い込むと口の中がヒリヒリしたり吐き気やめまいといった症状が出て、場合によっては命にもかかわります。

作業中になにか刺激臭がしたら直ちに新鮮な空気のある場所まで離れ、口や目を水でよくすすいでください。
 
 
ということで、万が一のことも考えるとこの作業は屋外か、換気のいい場所をおすすめします。

<参考サイト>
まぜるな危険をちょっと科学しよう!|ジョンソン株式会社


-ライフスタイル