部屋を理科実験室にしたいひと必見!ケニスの「理科室の必需品」

2016/11/17


理科実験室ってわくわくしますよね。

どう使うかわからない薬品とか変わった形のビンとか。

書斎は特に興味はないけど、理科実験室なら自分の家に欲しい!

***

少し前、スマホのカメラレンズにガラスビーズを差し込むと顕微鏡のようになるという記事を見かけました。

<参考サイト>
PNNL Smartphone Microscope

おもしろそうなので作ってみようと、ガラスビーズを探していたら「ケニス」という会社で売っているのを見つけました。

kenis2

<参考サイト>
オンラインショップ|ケニス株式会社

ケニスは理化学機器を専門に販売している会社です。

で、ビーズを注文したんですけど数日後にデカい箱が送られてきました。

「ビーズはたしかフィルムケースぐらいの大きさのはずなんだけどな」と思って開けてみたらカタログが入ってました。

kenis1

「なんだコレ!」

と、ビックリしたのですが(送料も高かったし)今まで見た理科の実験道具がほぼ網羅されていてかなり面白い。

「ほしい…」
 

実験もしてみたいけど、これインテリアにもいいんじゃないかな。。。

ということでインテリア目線でおすすめしたい器具をいくつか紹介したいと思います。

キップガス発生装置

kenis4

個体と液体を反応させて期待を発生させる装置。実験例として硫化鐵と希硫酸で硫化水素を発生させたりする、と書いてあった。

たしかにこの実験は中学生の時にやった気がします。

ちょっとデンジャラスな雰囲気がいい。これぞ実験器具。

シャーレラック

kenis14

シャーレはもちろんほしい。

でもたくさんあるシャーレをただ並べておいたら場所を取りかねませんよね。

このシャーレラックがあればスペースを無駄にすることもありません。見栄えもいいですし。

ちなみに下のフラスコ立てもモダンな印象でいい感じ。あわせて揃えたいところですね。

リトマス試験紙

kenis5

珈琲とか口の中とか、とにかくいろんなものを調べてみたい。

プラスチックケース入りのやつもかわいいですが、紙箱のレトロなパッケージも捨てがたいですね。

アルコールランプ

kenis8

インテリアとしては必需品です。

キャンドルもいいですがやっぱりアルコールランプでしょう。

火をともした時のほのかな灯油の香り、結構好きです。

理科室感を引き立ててくれるはずですね。

そして火はやっぱりライターではなくマッチで点けたいところ。

鉄製三脚

kenis9

あの鉄製三脚の重厚感はオブジェに最適ですね。

アルコールランプがあれば冷えてしまったコーヒーとかをちょっと温め直すのにも便利そうです。

物の重さ比重セット

kenis10

書斎によくおいてあるのが「チェス」

あれなんででしょうね?大人の遊び心みたいな演出なのでしょうか。

チェスに代わるようなものとして比重セットをチョイスしてみました。

重さの違いの感触を楽しむのもいいですが、たくさん揃えて積み木のように飾っておくものいいですね。

顕微鏡用ケース

kenis11

もちろん木製がいい。

これは中学校の頃から「いいなー」と思っていました。

形といい大きさといい、すごく惹かれます。

入れる顕微鏡もちょっと古いやつがいいですね。それはヤフオクかな。

白衣

kenis13

一度は着てみたいです。

ルームウェア、としてはちょっとやりすぎですね。


-インテリア・収納