洗剤を使わずにエアコンの掃除をする

2016/10/05


エアコンはファンの掃除が大変

エアコンの掃除、大変ですよね。どのくらいの頻度でしてますか?

僕は年に1度、夏になる前にしています。

フィルターやアルミフィンの部分は『クリーナーシュ!シュ!』というスプレーを使っています。

アルカリ水でできていて、フィンにスプレーするだけ。すごい簡単。

しかし問題は「送風ファン」の部分。

IMG_5669

ここは素人では掃除がしにくいところです。

以前まで洗浄液のスプレーを使っていました。スプレー泡でカビや汚れを浮かせて水で洗い流します。

確かにキレイになります。しかし泡が残っていると汚れの原因になってしまうので何度も洗い流さなければいけません。

それがとても面倒で…。あと値段が結構高い。

で、ちょっと考えなおしました。

そもそもエアコンも買ったばかりでそれほど汚れも溜まっていない。だったら洗剤でがっつり洗わなくても、水だけで大丈夫じゃないかな?と。

ということで今回は水だけ使って洗ってみることにしました。

『激落ち君』をつかう

用意したもの
  • 新聞紙
  • タオル
  • ガムテープ
  • バケツ
  • ビニールひも
  • 割りばし
  • ゴミ袋(45リットルくらいのもの)
  • 激落ち君(メラミンフォームのスポンジ)
  • 歯ブラシ(今回は舌用ブラシ)
  • ペットボトル専用 加圧式スプレー

1.エアコンにゴミ袋を取り付ける

IMG_5656

これは送風ファンを洗い流した水を受けるためにつけます。

ポイントはガムテープでしっかりとめること。とめが弱いと流れた水の重さでとれてしまいます。そうなるとかなり悲惨な状況になるので注意です。(僕は一回とれたことがあって、周りがびちゃびちゃになったことがあります)

先の方にハサミで穴をあけて、ビニールひもをつけ、その先にバケツを置きます。こうすれば流れた水がビニールひもをつたってバケツに溜まる仕組みです。念のためにエアコンの電気ユニット部分にタオルをかぶせ、下には新聞紙を敷いておきます。

IMG_5684
IMG_5689

2.劇落ち棒(割りばしの先に激落ち君をつけてたもの)でファンをこする

IMG_5659
IMG_5664

劇落ち棒を作ります。3本ぐらい用意しておくといいですね。

まずは水をつけないでこれでこすります。吹き出し口から劇落ち棒をつっこんで、こしこしと。

IMG_5663

そうするとカビだのホコリだのがぽろぽろと落ちるので、ブラシでかきだします。歯ブラシでもできますが、舌用ブラシの方が幅が広いので便利です。

IMG_5670
IMG_5671

これだけでもかなり落ちます。正直簡単な掃除だけなら水洗いの必要はないぐらいです。

ざっと汚れが落ちたら今度は激落ち棒に水をつけてこすります。

3.水で流す

あらかた掃除ができたら水で洗い流します。

ただ下から送風ファンに水を掛けるのは結構大変です。そこで便利なのが「加圧スプレー」

IMG_5678

下から上方向に水がかけられます。僕はアマゾンで買いましたが、ホームセンターや100均でも売ってると思います。

IMG_5697

こまめに掃除してる人はこれで十分じゃないかな

掃除し終わったらしばらく送風にして乾かします。

掃除する前はかび臭い風が出ていましたが、全く臭わなくなりました。

僕はエアコンを使うのは夏場だけなのでそれほど汚れません。なので洗剤を使わなくても十分きれいになるなと思いました。

その後いろいろ調べてみたところ、専用の洗剤ではなく「バスマジックリン」で掃除している人もいました。わざわざ専用のスプレーを使わなくてもバスマジックリンと劇落ち君だけで事足りそうですね。


-インテリア・収納