栄養吸収率UP!コンビニで買える、ナッツと一緒に食べると良い食品

2016/04/20


合わせて食べて効果倍増

ナッツは栄養もあっておいしく良いことづくめですが、ついつい食べ過ぎてしまうのが難点。
そうしたところ実はナッツと一緒に食べると栄養吸収がアップする食べ物があるそうです。食べ過ぎも防げて一石二鳥。

IMG_5309

ではどんな食べ合わせが良いのか?詳しい話は後にして、まずはその食べ物を紹介します。なお僕はナッツをコンビニで買うことが多いので、食べ合わせの食品もすべてコンビニで買えるものだけを選びました。

アーモンドと相性がいい食品

伊藤園『理想のトマト』

IMG_5231

グリコ『アボカドーザ』

IMG_5218

セブンイレブン『アボガドのコブサラダ』

IMG_5295

よっちゃん食品工業『スルメシート』

IMG_5235

亀田製菓『極旨の海苔うす焼き』

IMG_5296

「老化防止にアーモンド」へ

クルミと相性がいい食品

ローソン『パリパリごまわかめ』

IMG_5233

カネフク『胡麻せん』

IMG_5299

カルビー『ベジップス』(ナチュラルローソン)

IMG_5230

「肌質改善にクルミ」へ

カシューナッツと相性がいい食品

ハウス『まろやかゆずHOT』

IMG_5221

ファミリーマートドライフルーツ『キウイ』

IMG_2850

「髪質向上にカシューナッツ」へ

マカダミアナッツと相性がいい食品

なとり『コリッと茎わかめ梅味』(セブンイレブン)

IMG_5224

グリコ『生チーズのチーザ』

IMG_5219

森永『牛乳プリン』

IMG_5241

明治『ブルガリアヨーグルト』

IMG_5237

「皮肌保湿にマカダミアナッツ」へ

老化防止にアーモンド

3060935008_994195f247_ophoto by Harsha K R

アーモンドはビタミンEを多く含む食品です。抗酸化作用があり、アンチエイジングを期待できるのですが単体だと効力が失われやすい。効果を持続させるにはビタミンCが豊富な食べ物と一緒に食べるようにしましょう。

ビタミンCが多い代表的な食品:ゆず、アセロラ、キウイ、のり

なお、その他のアーモンドの効能アップについてはこちらのサイトにも載っていますので、参考にしてみてください。

アーモンドの食べ合わせ|食べ合わせ大百科

肌質改善にクルミ

5900553958_d7daafbcbc_ophoto by jules

クルミに含まれる「オメガ3」。脂質の一種なのですが私たちの生活では不足がちといわれています。ニキビなどの肌トラブルを和らげて肌代謝をよくする働きのあるオメガ3ですが、クルミは食品中でもトップクラスの保有率です。
オメガ3は酸化しやすい脂質。そこで抗酸化作用のある「セサミン」を含む食品と一緒に食べると良いとされています。

セサミンが多い代表的な食品: ゴマ

その他のクルミの効能アップについてはこちらのサイトへ。

クルミの食べ合わせ|食べ合わせ大百科

髪質向上にカシューナッツ

5020563511_fdeb6298f1_ophoto by Susan

亜鉛が豊富なカシューナッツ。髪質の改善や気持ちのムラを落ち着かせる働きがある亜鉛はビタミンCとの相性がいいです。この食べ合わせでよく知られているのが「牡蠣とレモン」。ビタミンCが亜鉛の吸収率をアップさせる効果があるそうです。

ビタミンCの多い食品は前々項の「アーモンド」を参考にしてください。

皮肌保湿にマカダミアナッツ

71922690_8800fc6d88_ophoto by Jessica Merz

マカダミアナッツに多く含まれるマグネシウムは角質層にあるセラミド成分の合成を促進する働きがあります。セラミドは肌のバリアや保湿の働きをしている成分です。
骨を作る上でもマグネシウムは重要な働きをしています。骨といえばカルシウムですが、マグネシウムはカルシウムの吸収に大きく関わっているのです。カルシウムとマグネシウムを一緒に摂ることで相乗効果を発揮します。

カルシウムが多い代表的な食品:わかめ、乳製品、えんどう豆

ダイエット中ならコーヒーのお供にナッツを

IMG_5239

膵臓には脂質を分解する「リパーゼ」という酵素が含まれています。
コーヒーのカフェインはこのリパーゼを活性化させる働きがあるといいます。同様にナッツ類にもリパーゼを活性化させる「アルギニン」という成分が多く含まれているので、一緒に食べることでよりダイエット効果を高めることができます。

ナッツは一日どれくらいが適量か?

ナッツの種類にもよりますが、アーモンドの場合は一日25グラムから28グラム(約20粒)ぐらいという説明がナッツメーカー2社のサイトにありました。
アメリカでは「ナッツを一日に1オンス(28グラム)程度を摂ると心臓病のリスクを抑えられる」という報告もあることから、おおむね 30グラム を目安と思っていたらよさそうです。

(参考サイト)
素焼きアーモンド 7P|共立食品お菓子大好きの会

アーモンドは一日にどれくらい食べればよいですか|東洋ナッツファンクラブ

Nuts and Coronary Heart Disease|米国食品医薬品局


-フード・ドリンク