コンビニに売ってる玄米レトルトご飯の食べ比べ

2016/04/24


コンビニに玄米レトルトが売っていた

玄米って食べたことありますか?たぶん一回ぐらいはありますよね?僕は今まで特に意識していませんでした。強いて言えばファミレスのご飯を五穀米にしたことがあるくらいでしょうか。

このあいだローソンに行ったらレトルトの玄米ご飯を見かけました。「今はコンビニでも売ってるんだ」と、面白そうなので食べてみることにしました。

玄米って普通のお米と何がちがうんだろう?

玄米とは白米に糠(ぬか)が付いているお米のこと

そもそも記事を書くまで玄米が何なのかはっきり知りませんでした。

玄米はお米のもみ殻を取ったものだそう。もみ殻とはイガイガの殻のことですね。

もみ殻を取ったお米は茶色いです。この茶色が糠(ぬか)です。ぬか漬けの糠はこれのこと。

この糠を削り取ると見慣れた白い米になるわけです。ちなみにこの作業を「精米」といいます。玄米は糠は1割、残りの9割が白米の部分にあたるそうです。

玄米というか糠の部分には食物繊維が豊富で、しかもいろんな栄養があります。玄米が健康にいいといわれるのはこの点のようです。

ローソンには2種類の玄米レトルトご飯があった

東洋水産『玄米ごはん』

一つ目はマルちゃんで有名な東洋水産の『玄米ごはん』、税込みで141円。

IMG_4636

IMG_4660

IMG_4659

IMG_4657

材料は「国産玄米とpH調整剤」。pH調整剤って何だろう?と思ったのでググってみました。どうやら変色や腐敗を防ぐための添加物のようです。

パックの一角をちょっと開けてレンジで2分。

茶碗によそるとこんな感じ。ちょうど一杯分です。

IMG_4658

味は…うまいな、これ。

もっともそもそしてるかと思いました。口に運ぶときにふわっと独特な香りがしますが気になるのも一口目ぐらい。あとは全然です。タピオカみたいな食感が所々あるけど、それ以外はほとんど普通の白いごはんと変わらないですね。

これなら全然アリ。

ファンケル『発芽米ごはん』

二つ目はファンケルの『発芽米ごはん』。

ファンケル?と一瞬思いましたが、ファンケルはサプリとか健康食品とかの会社ですから王道といえば王道の商品かもしれませんね。

値段は税込み173円。た、高い。でも材料は混じりっ気なしの玄米のみ。

IMG_4637

IMG_4662

IMG_4663

こっちも東洋水産と同じようにレンジで2分。量もほぼ同じ。

IMG_4665

味は…こっちは東洋水産に比べるとガチな感じです。まずパサ感がある。パッサパサ!まではいきませんけど。

そのかわり噛むと甘みがでてきます。食感や香りはむしろ東洋水産より普通のご飯に近い感じがしました。

ところで発芽ってなんだろう?新芽みたいのは見当たらなかったけど。

そしたらファンケルのサイトにまんま書いてありました。

発芽するとおいしくなって、食べやすくなって、しかも栄養価が上がるとのこと。気が付かなかったけど、実際はちょっと芽が出てたみたようです。

東洋水産よりだいぶ値段に違いがあったのだけど、そうゆう手間が理由なのですかね。でも味は、うーん…慣れれば気にならないのかもしれないけど、僕は東洋水産の方が好きですね。

ひょっとしてウチの近所のローソンだけ?

総合した感想でいうと、まずレトルトのご飯がこれほどおいしいのにびっくりしました。「所詮チンでしょー」と軽くみていましたが、炊飯器の炊き立てに劣りません。これだったらまとめて買って家に置いとくのも全然ありです。ちなみに賞味期限は製造日から半年ぐらいでした。

ところで後日、セブンイレブンとファミリーマートはどんなレトルトご飯を置いているのかなと探してみたのですがほとんど売ってませんでした。もちろん玄米などありませんでした。

ローソンさすがです。商品のセレクトが尖ってるというか…それともひょっとして、ウチの近くのローソンだけなのかな?そこらへんも気になってるので、今度違う店舗も行ってみるつもりです。


-フード・ドリンク