保険見直しの無料相談を受けてみました

2016/04/29


保険見直しのために無料相談を受ける

先日から生命保険の見直しを検討しています。ネットや本を読んで検討すべきポイントはわかってきたのですが、肝心な保険プランの知識がほとんどありません。

ということで保険ショップへ相談を受けに行ってみました。

保険の無料相談ができる「来店型保険ショップ」とは?

保険ショップとは専門のアドバイザーが分かりやすく説明してくれて、相談者の希望に合うような保険を紹介してくれるサービスを行っているお店のことです。

基本的に相談にはお金がかかりません。保険ショップは相談者が保険を契約した場合、保険会社から紹介手数料をもらう仕組みになっています。

無料相談を受けるまでの実際の流れ

僕が相談を受けた保険ショップは『保険見直し本舗』です。平日のお昼過ぎに保険見直し本舗があるショッピングモールに行きました。

「こんな時間帯だからすぐに相談できるだろう」と思っていたのですが、予約で夕方までいっぱいとのこと。その場で予約をしてショッピングモールをうろつきながら時間をつぶしました。

予約時間になり再度行ってみるとすぐに対応してもらえました。渡された申込書に住所、氏名、連絡先、年齢や職業等を書き込みます。

つぎに保険見直し本舗の紹介をしてもらいました。「相談サービスが無料ということ、無理な勧誘はしないこと、50社以上の保険商品が検討できること、今日以降の相談についても同じ担当者が受けること」などの説明がありました。

よく「一度相談すると勧誘の電話がかかってきたりする」と聞いたことがありましたが、僕の場合はその後も、電話やメールがきたりすることは一度もありませんでしたね。

これが済むと相談開始です。最初に「どんなご相談ですか?」と聞かれたので「独身者にあう生命保険を探しています」と伺いました。

すると5分ほどで4社の保険商品のパンフレットを持ってきてもらえました。

それぞれの保険の概要を説明してもらいながら、わからない言葉や数字があれば質問していくという流れです。あとは紹介された保険商品をもとに、ソフトを使って給付金額や保険金額を変えながら担当者がアドバイスをしてくれます。

相談は1時間ぐらいで終わりました。最初の相談で契約する人はほとんどいないとのことで、帰り際に「分からない点があれば際はご連絡ください」と名刺をいただきました。

無料相談を受けて思ったこと

保険の全体知識を知るにはとても良い手段

まず人に聞きながらだと圧倒的に分かりやすいなと思いましたね。すぐに具体的な数字でシュミレーションをしてくれるのでイメージしやすいというのも良かったです。

パンフレットを読むときの表やグラフの見方、チェックするべき金額のポイントなどもわかるので、初歩的な保険知識を得るにはとてもいいサービスだと思います。

完全に中立なアドバイスではないことを頭に入れておく

注意すべき点もあります。それはスタッフのアドバイスが完全に中立とは限らないという点です。

たとえば僕があるネット生保のプランはありますか?と尋ねると「すいません。それは当店では取り扱っていないんです」と言われました。また隣に代理店を構えている大手外資の保険会社のプランもないと言われました。

つまりアドバイザーがおすすめしてくれる保険はあくまで保険ショップで取り扱いのある銘柄の中で最適なものであり、すべての保険のなかで最適とは限りらないということです。なお保険見直し本舗以外にも来店型保険ショップはいくつかありますが、ショップによっては保険会社の出資を受けて運営している場合もあります。

とても親切に教えてくれるのでついついおすすめしてくれる保険が一番適当だと思いがちです。保険ショップで全体的な保険の知識を得たうえで、再度自分でも調べる作業は必要だなと感じました。

以上のような都合があることを頭に入れておけば問題ないと思います。お金もかからずマンツーマンでゼロから保険の知識を教えてくれるのですから、便利なサービスであることは変わりません。

あとやっぱり事前に予約していった方がいいです。平日でも結構待ちましたから、土日だったら受けられないという場合もあるかもしれません。


-金融