シャツ襟のタグ、どうにかならない?

2016/02/24


シャツを着る前にやること

shirts_tag5

ユニクロでシャツを買いました。
早速着ようと思うのですが僕はシャツをおろす時に必ずやらなければいけないことがあります。

襟足にあるタグを切る

僕はシャツの襟にある「ブランドネーム」と呼ばれるタグがどうしても苦手です。ユニクロの場合だとロゴとサイズが記してあります。

shirts_tag2

それが首筋にあたると気になってしょうがないです。なのでシャツをおろすたびに毎回タグを切っています。

首元になぜタグがあるのか?

一説によると ハンガーや畳んである状態でもサイズが確認しやすいように とのこと。つまり買うタイミングのためについているもので、本来の着る時にはむしろ不要なものと言えるでしょう。

このタグが気になる人って意外に多いと思うのですがシールなどに変えられないのかといつも思います。

表の襟側はシールなんですよ。裏側もこうして欲しい。

shirts_tag3

仮にシールだと取ったらサイズがわからなくなるっていうなら、アンダーシャツと同じように腰部分にある品質表示のタグと一緒に明記しても問題なさそうですが。

shirts_tag4

タグを切るのに便利なアイテム「リッパー」

以前はハサミでタグを切っていたのですが、切り方が悪いと余計に首に当たってしまう。
なのでタグを縫っている糸を切るようにしたのですが、これが細かくて大変。

何かいい道具はないかと見つけたのがリッパーです。

これはミシンの縫い目をほどくときに使う道具です。縫製の間にリッパーを差し込んで糸を切っていきます。小学生の頃の家庭科の授業で使ったを思い出してダイソーで買いました。

リッパーは刃先が錐状のタイプと槍?のタイプがあるのですが、僕は下のような槍型の方が使いやすいです。


-ファッション・身だしなみ