イベントやBBQのBGMにiPhoneを使うならオンキヨーのスピーカー『GX-70HD』がおすすめ

2016/02/20


コンパクトだけどいい音がするスピーカー

GX-70HD-2

先日バーベキューをしました。外で食べるとご飯がさらにおいしいですよね!

iPhoneでBGMを流していたのですが、そのとき使ったスピーカーがあらためてよくできてるなと感じたので紹介します。

アンプが内蔵されていてコンパクト

スピーカーはONKYOの『GX-70HD』といいいます。かれこれ5年くらい前に買いました。

GX-70HDは「アンプ内蔵スピーカー」というタイプ。

本来スマホやipodなどの携帯オーディオプレーヤーから大きな音を出したいときは、「アンプ」という音の信号を増幅させる機会を経由させないといけません。そうしないと大きな音がだせないんですね。

一方のGX-70HDはアンプとスピーカーが一緒になっています。なのでスピーカーとプレーヤーをケーブルでつなげば大きな音がだせるのです。

音割れしない

GX-70HDはもともとはパソコンのスピーカー用に買いました。

PC用のスピーカーとうたっている製品はだいたいパソコンの周辺機器メーカー製が多いのですが、GX-70HDは音響機器メーカーのONKYOが作っているだけあって、値段の割に音質がいい。

僕が買った時は1万5000円ぐらいで、最近はもっぱらiPhone用のスピーカーに使っています。

電源さえ取れれば野外でも音割れせずにかなり大きな音が出せます。コンビニくらいの広さだったら十分カバーできる音量もだせるんじゃないでしょうか。

接続方法

使い方は簡単。例えばiPhoneならイヤホンジャックにラインケーブルの出力端子を指します。
あとは反対側の端子をスピーカーの裏手にある入力端子に繋げるだけ。

GX-70HD

このオーディオラインケーブルは別売りですので気をつけてくださいね。ケーブル端末の形が片方ミニケーブル、もう片方がRCAケーブルになっているタイプを選んでください。

今はGX-70HDの後継機「GX-70HD2」がでてるみたいですね。アマゾンのレビューも高評価。

これからとてもいい陽気になってくるので近々また活躍しそうです。


-コンピュータ・電化製品