ドライブレコーダーを後ろにつける必要性や費用について、カー用品店に行って聞いてみた

2017/09/26


ドライブレコーダーを2台つける

先日、『自動車保険の落とし穴』という本を読みました。

この本によると自動車保険の支払いにまつわるトラブルというのは少なくないといいます。警察や保険会社の担当者に事故時の対応や保険の支払いを任せきりにしてしまうと思わぬ損をしてしまう場合もあるとのこと。

具体的な事故事例とともに、その時の損保会社の対応が実名のまま紹介されています。

読んでいて楽しい本ではありませんが自動車保険にまつわるわかやすいポイント指南もありますので、車を運転する人は一読の価値があるはずです。

***
この本のなかでドライブレコーダーについて語られていた一節が目につきました。

私の知り合いには、車の前と後ろに2台のドライブレコーダーを装備している方がおられます。

この方は数年前に息子さんを事故で亡くし、事実関係をめぐって長期間にわたる裁判を体験されているのですが、それだけに記録を取っておくことの必要性を痛感しておられるのだと思います。

柳原三佳「自動車保険の落とし穴」朝日新書より

言われてみれば確かにその通りです。

本書を読んだことも相まって、僕もドライブレコーダーの2台設置に興味が出てきました。

2台のドライブレコーダーをつける必要性

後方からの追突や接触事故も記録できる

一番の必要性は後方からの追突が記録できることです。

たとえば車が停車している車に後方から追突した場合、基本的に追突した車が全面的な過失責任を負います。しかし停車していた車が適切な駐車を行っていない場合は過失の割合が変わってきます。

当時の状況について両者の意見が相違した場合、記録が残っていれば意見の裏付けになります。

歩行者やバイク、自転車との接触事故の際も同様です。

バック時などに誤ってぶつかってしまった時、その時の状況についてぶつかった相手と意見が食い違ってくる可能性もあります。そんなときに当時の映像が残っていればお互いで確認することだってできます。

ドライブレコーダーを後ろにつける際の問題点

さらに詳しい人に聞いてみたいと思い、近くのカーショップに行って相談してみました。

後ろ用のドライブレコーダーについて店員さんに伺ったところ、「ありますよ」といって紹介された商品がこちら。前後のカメラとも200万画素あってよさそう。

店員さん曰く、ドライブレコーダーを車の前後につけたいという要望は近頃増えているそう。

「ただ…」と言いいながら店員さんはこう付け加えました。

「取り付け費用が倍かかってしまうんです。たとえばこの機種を取り付ける場合、本体価格にプラスして別途作業工賃が2万ちょっとかかります」

2万!後ろにドライブレコーダーを付ける場合は電源を前からとるため、ケーブルをフロントから天井を通して後ろまで配線する工事がともなうとのこと。

リアガラスの真ん中につけなければいけない

「さらに取り付け位置にも注意が必要です。雨の時にも録れるようにリアワイパーがとどく範囲内に取り付けます。そうなると取り付け場所はどうしてもリアウィンドウの真ん中あたりになってしまうので、その点が気になる人はいるかもしれません」

確かに。安全と見た目、どちらをとるか悩ましいです。

その他の注意点としてリアガラスをプライバシーガラスにして外から見えにくくしている場合、夜間は映らない場合もあるのでチェックしておく方がいいです、とのことでした。

こんな人に後方のドライブレコーダーがおすすめ

そこな店員さんへダイレクトに「そもそも後ろにカメラは必要ですか?」と聞いてみました。

正直、個人的にはそこまで必要ないかなと思います。 基本的に後ろから衝突された場合、まず後ろの人が車間距離を十分に取っていないという責任を問われますよね。自分の運転に問題がないことはフロントのドライブレコーダーだけでも確認できます。なので私なら同じ予算であれば、後方にカメラを付けるよりは前方のカメラをちょっといいものにするでしょうね」

ではどんな人が買っていくのか、そのあたりも聞いてみました。

女性の方が多いです。事故にあわれて相手が男性だった場合、自分が悪くなくてもドキドキしちゃってしゃべれなくなってしまうってことがあるんですよ。実際それで嫌な思いをされという方が「映像があれば」と買いに来られたこともありました」

こういわれた時「確かに!」と僕も思った。僕だって事故にあって落ち着いて対応できるかわからない。というかそうできる自信がまったくないです。

最近では全方位(360度)録画できるドライブレコーダーも出てきたそうです。これならフロントの一か所に取り付けるだけで大丈夫だし、後方だけでなく側面も録画できるという!

しかしまだまだ通常の物に比べると割高でした。(それでも割と売れているそうです)

色々調べてみましたが、まだまだドライブレコーダーの2台付けというのは一般的ではなさそうです。

しかし先の本の中で繰り返し語られていたのは 事故状況の保存の大切さ。大きな事故ほど些細な記録が重要な意味をもってくるとのこと。そう考えると決して高い買い物でもないかなあとも思うんですよね。


スポンサーリンク

-コンピュータ・電化製品