iPad用に「Apple Wireless Keyboard」を買いました

2016/03/02


iPad用にキーボードを買う

wireless-keyboard2

先日ワイヤレスキーボードを買いました。iPadで長文を書くことが多くなってきたからです。

ワイヤレスキーボードにもいろいろな形があります。タブレットカバーと一体になっているタイプや二つ折りのタイプなど。どれも使い勝手がよさそうで迷いました。

レビューなどを見て考えた結果、 Appleのワイヤレスキーボードにしました。

なぜこのキーボードにしたのか?

タブレットを選ぶときと同じですが、まず一番優先したいことをはっきりさせました。キーボードの場合はタイピングのしやすさです。

カバーと一体型や折りたたみ型は携帯するのに便利です。

しかしそのためにタイピングのしやすさが損なわれてしまうようでは本末転倒だと考えました。もちろん携帯性とタイピングのしやすさの両方で高評価の製品もありましたが、僕の予算を大きく上回っていました。

二番目はできるだけコンパクトなこと。

iPadと同じぐらいのサイズが扱いやすいだろうと思いました。以上の点から、Appleのワイヤレスキーボードに決めました。

wireless-keyboard2

wireless-keyboard3

裏側。ちょっとラバーっぽいです。

wireless-keyboard5

こんな風に使ってます。

wireless-keyboard6

iPadと重ねるとこんな感じです。

wireless-keyboard9

横から見たところ。かなりスリムです。

wireless-keyboard7

持ち運びは不便

使い始めてから半月ほど経ちました。

タイピングしやすく満足しています。ただ持ち運びには向いていません。

wireless-keyboard4

まず持とうとすると指がキーに触れてしまいます。
またコンパクトではあるもののカバーがないためバックに入れるとキーが荷物に当たってしまいます。

wireless-keyboard1

なので持ち運ぶときは今のところ箱に入れてます。携帯性について割り切っていたのでしかたありません。

大切なのは一番優先したいことが十分満たせるかどうか

以前にも書いた通り、僕は気を付けないとつい「なんでもできるもの」を求めてしまう癖があります。

最近はまず優先したいことをはっきり意識して他は思い切ってあきらめるぐらいで物を選ぶよう心がけています。もちろんそうすると大満足とはなりにくいですが、後悔する確率は減ると思っています。

※ちなみにAppleのワイヤレスキーボードにはUS版とJIS版があります。キーの大きさや形に多少の違いはありますがほとんど違いはない(と、僕には思えました)

僕の場合は使い慣れたJIS版にしました。


-コンピュータ・電化製品