二次会の景品にギフトチケット入れるなら一休のやつが無難でおすすめ

2016/10/05


結婚式の二次会の景品選び

結婚式の二次会でビンゴをやるのですが、悩むのがその景品。

出席者が20代中心ならまだしも、30歳を超えると欲しいものは大体自分で買えて、すでに持っているわけで。みんなが欲しがるような景品選びっていうのがどんどん難しくなっていきます。

一休のギフト券の使い勝手の良さ

そうなると必然的にギフト券やクーポンチケットなどの金券系に絞られてきます。まあしょうがないですよね。

で、選んだ景品の中で「これ自分でも欲しいなー」と思ったのが一休のギフトチケット。

上質な時間を贈る 一休.comギフト
19

今回は『ペアお食事券』にしました。

ちょっといいレストランが選べる

まず便利なのが全国のレストランで使えるところ。結婚式っていろんな地域から来るので、良い施設の招待券でも「遠くて行けない」っていう人が出てきちゃうのがネックになったりします。

この食事券で選べるお店は主要都市のホテルレストランが多く、さすがはホテル予約サイトというところ。

これだったら記念日や旅行に行った際の食事にも使えます。

予算5,000円から選べる

ペア食事券は全部で7コースあって、予算によって利用できるレストランが違います。下は5,000円から上は50,000円まで。

幹事的には予算の都合上、バリエーションが多いと助かります。

僕は今回20,000円の橙(だいだい)コースにしました。選べるレストランの中には屋形船でのコースも。

橙(だいだい)コースで選べるレストラン一覧
tsubaki

5,000円のコースだって結構よさげです。ランチコース中心なので友達と遊びに行ったときなんかにいいですね。

食事券以外にペア宿泊券やスパ利用券もある

ギフトチケットは食事券以外にもペア宿泊券やスパ利用券があります。女性の多い二次会ならスパ利用券もありですね。

今回は食事券以外にも景品を用意しましたが、場合によっては10万円のペア宿泊券ひとつっていうのも全然アリではないでしょうか。

チケットの購入はネットでできます。

領収書も後から発行できますので結婚式にかぎらず会社の忘年会の景品とかでも使えそうです。


-エンターテインメント